通夜

お葬式の基礎知識

お葬式とは、あっては欲しくないものではありますが、生きている以上人の死というのは訪れるものであり、いつかは経験するものであります。
もちろん、はじめてのお葬式だからといって非常識なことが許されるわけはありません。
はじめてのお葬式でも、無礼にならないように予定のない今だからこそ知っておく基礎知識を覚えておきましょう。

まず、基本となる服装は男性の場合黒のスーツです。
シャツは白、ネクタイは黒になります。
結婚指輪や時計など実用している物以外ははずしていくようにしましょう。

女性は、黒や紺など静かな色のスーツかワンピースが多いようです。
化粧や髪型はなるべく控えめにしましょう。
男性同様結婚指輪以外のアクセサリーは控えましょう。
パールのネックレスかイヤリングのどちらかをつけるのはよいとされています。

男女関係なしに数珠は必ず持参しなくてはいけないものではありませんが、持っていくようにしましょう。
数珠の他にお葬式に持っていくものとしては、御香典があります。
宗教によって異なりますが、一般的な仏教の場合はお葬式には御霊前の表書きで持っていきます。
お香料などでもよいとされています。

御香典の金額は、親族または友人、会社関係など関係性の違いによって変わってきますが、それぞれに相場があるのできちんと調べてからいくとよいかもしれません。
また、地域の風習によって決まっている場合もありますのでその場合には地域の風習に合わせた額をいれるようにしましょう。
高額いれればいいというわけでもなく、実際には家族の方を困らせてしまうことにもなりかねませんので、相場が良いとされています。

急なこともありお通夜やお葬式にいけない場合もあるでしょう。
そんな場合には、後日伺うのが良いとされていますが、弔電を打ったり、お悔やみ状を送ったり、もしくは御香典とお悔やみ状を現金書留で郵送するなど、決して連絡がきたのにそのまま
なんてことのないようにしましょう。