通夜

お通夜と葬儀どちらに出る?

意外と知らないお通夜・お葬式のマナー。
もしあの方が亡くなったら、なんて普段ではあまり考えませんから、実際亡くなった場合に急にどうしようと慌ててしまうのが一般的ともいえるでしょう。
そんな時のためにお通夜・お葬式について少し知識を頭に入れておきましょう。

身近な家族や親戚が亡くなった場合にはやはりお通夜・葬儀共に参加するのが一般的です。
では一般の方となる方達は通夜・葬儀のどちらに参列すればよいのでしょうか。

昔は、お通夜は家族や親戚、ごく親しい友人と少人数集まるものとされていましたが、最近ではこういったお通夜は夜が多いということから、仕事終わりの方々が来やすく、お葬式にはでられないからお通夜に来るという方
も増えてきていて、お通夜のみに参列する方というのも増えてきています。
お葬式に比べて服装もあまり派手めだったりしなければ、仕事帰りに参列することもでき、故人に対してお別れの挨拶をしておきたかったなどという場合にもいきやすさはお通夜の方があるようです。

親族の場合には、一般的にお通夜と葬儀はどちらもでるとされていますが、もちろん強制ではありません。
どうしても事情がある場合には、どちらかに参列するようにしましょう。
知人などの場合には、一般的に葬儀に参列するということがいわれていますが、上でもあげたように最近ではお通夜だけに参列する方も多く、招かれているということは実際にはどちらにいっても両方に参列してもいいよう
です。

しかし、地域によってはお通夜は親族のみ。
と決めてある場合もありますので、まずはしっかり確認しておくとよいでしょう。

また香典ですが、どちらかのみの参列の場合にはその時になりますが、どちらも参列する場合にはどちらかの時に渡します。
どちらでも構わないのですが、二回いくから二回にわけてというのは繰り返し行為といって非常に縁起が悪いといわれていますので、お通夜か葬儀どちらかで渡すように気をつけましょう。