通夜

お葬式に参列する際の服装

突然、急にお葬式に参列することになった場合にあなたはすぐに着替えてお葬式にいくことができる喪服ってお持ちですか。
まだお葬式に参列したことがない人にとってはピンとこないかもしれませんが、突然誰かに不幸があった時に何も準備できていなかったら、どうしますか。

突然お葬式に出席することになり困るのが、葬儀の服装かと思います。
お葬式に参列するにあたり、どんな服装でもいいというわけではありません。
和装・洋装の決まりはありませんが、葬儀に合う服装というものがありますので、覚えておき予定がない方も一応準備しておくとよいですよ。

まず、男性の場合には黒いスーツの上下に白いシャツに黒いネクタイに黒い革靴になります。
結婚指輪や時計以外は外しておくようにしましょう。

そして女性の場合には、黒いワンピースまたはスーツになります。
スーツの場合は、シャツやブラウスも黒にし、なるべく白を避けるようにしましょう。
胸元があいていたり露出が多いものは避けましょう。

形に決まりはありませんが、デザインの凝った喪服は目上の方々に対しても失礼となりますので、なるべくシンプルでデザインが強くないものにしましょう。
ストッキングは、黒で無地のものにしましょう。
柄やラメ、網タイツなどは絶対やめましょう。

アクセサリーは、白や黒の一連の真珠になります。
または真珠のイヤリングのどちらかを着けるようにしましょう。
真珠以外ではつけないのが無難なところとなるでしょう。
また、真珠でも二連のネックレスは不幸が重なるといった意味合いになりますので、お葬式にはつけてはいけません。

バックも、黒でシンプルなものがよいです。
なるべく光沢のあるものや、ゴールドなど派手めな装飾があるものはさけましょう。

コートなどを来ていく場合には、黒・紺・グレーの落ち着いた色のコートを選びましょう。
毛皮や革などといったものなどは殺すといったイメージもあるため葬式には控えるようにしましょう。