通夜

お葬式での遺族への挨拶

お葬式に参列する機会はそんなにそんなに多くはないかとは思いますが、いつかは経験することでもあります。
お葬式でのマナーには様々なことがあげられる中の一つにお葬式では使ってはいけない言葉や挨拶があります。
お葬式で無礼とならないようにきちんと覚えておくとよいかと思います。

自分では少しの言い間違いくらいに思っても、遺族の立場になってみてください。
最も悲しみがこみ上げている時に無礼な言葉をかけられたら、やはり良い印象はもちませんよね。

また前からの関係によっても違うかと思いますが、お葬式に参列した際には遺族に挨拶へいくことがあるでしょう。
もちろん、悲しみも多く慰めの意味でも話をしたい気持ちもあるかとは思いますが、遺族の方はお葬式の段取りや打ち合わせに加え、みなさんへの挨拶やお坊さんへの挨拶などやることが沢山あり実際にゆっくり話をするなんて時間はありませんので、一言挨拶をして、その場は終えるようにしましょう。

「もし何かあればお手伝いしますよ。」
という一言をかけてあげるだけでも心が落ち着く方もいらっしゃいますので、遺族の気持ちになって考えてみてください。
どんな間柄であっても、その場で病状や原因の話は控えるようにしましょう。

「このたびは御愁傷様です。」や、「心からお悔やみ申し上げます。」
といった言葉はお葬式などでよく耳にする言葉かと思いますが、良いお悔やみの言葉になります。
仰々しいと思う方もいるかもしれませんが、お葬式での挨拶にはふさわしい言葉ですので覚えておきましょう。

またお葬式では「重ね重ね。」など2つ言葉を重ねる言葉や、「続いて。」
などの次も続くような言葉はふさわしくないとされていますので、
できるだけ使用しないように注意しましょう。

もちろん、笑声や大きな声で話などは無礼にあたります。
お葬式では実際に久しぶりに会う方などもいますから、つい話をしてしまう
なんてこともありますが、お葬式の間は故人を偲ぶ時間になりますので、
しっかりとした気持ちをもちましょう。
こちらにはお葬式にかかる費用についてや各種手続きの方法が紹介されています。