通夜

お葬式に参列する際の髪型

お葬式に参列するにあたりいくつかの礼儀とマナーがあることはみなさんご存知ですよね。
お葬式に参列したことがない人でも黒い服装でいかなければいけない。
など、基本的な部分はわかっている方も多くいらっしゃると思います。


突然のお葬式などで何もかもがはじめてでも、お葬式のマナーは守らなくてはなりません。
はじめてだから無礼が許されるという場ではありませんので、前もって頭にいれておくと良いポイントがいくつかありますので覚えておきましょう。


お葬式は決して華やかな場ではありませんし、
参列する方が目立つ場ではないことをしっかりと理解してシンプルな格好で参列しましょう。
服装ももちろんですが、髪型にも同じことがいえます。
男性の場合は短髪な方が多いかと思いますが、きちんと整えていきましょう。
女性の場合は、髪が長い場合にはお焼香の際に邪魔になってしまったりするので
なるべく束ねるようにしましょう。


いくら綺麗な髪でも、お葬式という場でバサバサとしていても誰も綺麗だと思いませんよね。
束ねる際にも、一般的には高い位置ではお祝い、低い位置ではお葬式などといわれています。
必ずというわけではありませんが、なるべく下の位置で綺麗に束ねるようにしましょう。


ゴムは黒系で、シュシュやバレッタなどでも飾りなどのないシンプルなものを選ぶようにしましょう。
また束ねた髪をネットなどにいれてお団子にしたり、下の方でお団子なども良いでしょう。
前髪も邪魔な場合には、ピンで止めるなどしましょう。


髪の色についても決まりはなく自由です。
お葬式のために髪を染めるとまではいいませんがやはり常識がありますよね。
髪の色が明るいから無礼ということはありませんが、
気になる場合にはスプレーなどで一時的に染めるのも良いでしょう。


お葬式の服装や髪型などにおいては決まりといったものがないからこそ常識が大切となってきます。
もちろん、個性も大切ですが、お葬式では故人を偲ぶ場であり
遺族の方への配慮としてもきちんとマナーを守りましょう。