通夜

お葬式に持参する香典の金額

お葬式というのは、身内だったり親しい友人などではない場合、突然知ることが多いかと思います。
お葬式に参列する場合に必ず必要となるのが御香典です。
御香典とは、亡くなった方の霊に手向ける香を持参する代わりに霊前に供えるもののことをいい、故人に香をお求めください。
といった気持ちで差し出します。

古来のお葬式では、食料などだったようですが、近年ではお金に変わったようです。
御香典にもマナーがあり、亡くなった方との関係によってだいたい決まった額があり、多すぎても少なすぎてもマナーとしてはあまりよくはありません。
また、お札は綺麗な方がいいなんて方もいるかと思いますが、お葬式では不幸をあらかじめ備えていた
という意味になってしまうので、お札は古く痛んでいた方が良いとされています。

だいたいの関係性での相場を覚えておき、突然の場合に備えておきましょう。
まず、身内がなくなった場合には基本的に喪主以外の方は、喪主の方に向けてだします。
両親が亡くなった場合には10万円、兄弟姉妹が亡くなった場合には3~5万円が相場となっています。

また、祖父母が亡くなった場合で、結婚している場合には、御香典はだしましょう。
結婚していない場合には、喪主の子供となりますので、必要ありません。

親族などは付き合い具合によって変わってきますが、1~3万円が相場となっているようです。
また友人・知人が亡くなった場合には、5000~1万円が相場となっています。

友人知人に加え、親しくしていた方の家族などが亡くなった場合にも御香典をだすことは多いでしょう。
会社関係の方にあたっては、会社での立場によって変わってきますが、基本的にはだします。
会社自体で集めて会社一同としてだす場合には、指定された額を払って連盟でだすのが1番よいでしょう。
基本的に上司・同僚・部下の場合においても、自分が20代ならば3000~5000円、30代ならば5000~1万円が相場となっています。