通夜

神道式お葬式

日本のお葬式は、仏式のお葬式が主流でお寺で行われることが多いですが、キリスト教では、亡くなった時には教会にて礼拝を行ったり、
神道式といって人が亡くなった時に神社の神職が執り行う場合もあります。
様々な形式がある中で今回は、神道式について詳しくみていきましょう。


まず、仏式は亡くなった方の極楽浄土に送るために葬儀をしますが、神道式は亡くなった方の御霊をその家にそのまま留めてもらい、家の守護神としてその家を守っていってもらおうといった儀式になります。


仏式との違いでいうとまずは、お焼香やお線香を用いらないことです。
そのかわりに玉串奉奠といったものがあります。
玉串とは、榊の枝に紙垂を付けたもののことをいいます。
玉串を捧げ、二拝二拍手一拝といった作法によってお参りをするのが一般的ですが、五十日祭までの拍手は音を立てないようにそっと合わせる忍び手といったものにします。


神道式の場合は、死ということを穢れとしているため神の鎮まる聖域とされている神社で行うことはなく、
自宅または斎場などで行われます。
穢れといった意味には気枯れといった意味も込められ、
決して不潔といったことを表しているわけではありません。


神道式の流れとしては、まず家族が亡くなった場合に神棚に亡くなった方のことを奉告するといった帰幽奉告をして、神棚の前に白い紙を下げます。
枕直しの儀では、白の小袖を着させて北枕に寝かせ前に祭壇をだし故人の好きだった物、米、酒、水、塩などを捧げます。
納棺の儀では、棺に納め蓋をして白い布で覆った後に全員で拝礼していきます。


仏式でいう御香典については、神道式では御霊前、または御玉串料と書くようにしましょう。
蓮の絵がついたものが市販であったりしますが、それは仏式用ですのでやめましょう。
このように宗教によって変わる部分はあるものの、故人を偲ぶ気持ちに変わりはありませんので、故人の宗教の仕来りに合わせた上で故人を送りだしてあげましょう。