通夜

お葬式に花輪を出すには

突然知らせをきくことが多いお葬式で、若い方ははじめての経験でどうすればわからないといった方も当然いらっしゃるでしょう。
喜ばしいことではないからこそ、相手に対して失礼のないようにしなければなりません。

わからなくても、お葬式ではマナーはしっかりと守らなくてはなりませんので基本的なことはきちんと覚えておくようにしましょう。
参列する場合においてももちろんですが、それ以外でも様々な事でのマナーが存在します。
その一つの花輪について、今回はみていきましょう。

よくお葬式などで名前が書いてある花が飾られているのを目にしたことはないでしょうか。
その花輪は故人に対して親戚や知人から送られてきたものになります。

花輪は、基本的に葬儀場に電話をしてお花を送りたいということを伝えます。
葬儀場指定の場所でと決まっている場合には、金額と名前を伝えると手配してくれます。
お金は当日払いなど葬儀場によって違いますので、きちんと確認しておきましょう。
持ち込みが可能な場所に関しては、お花屋さんに直接電話をしてお願いをします。

金額の相場ですが、その地域の習慣や場所、親しさなどによってもだいぶ違ってきますが、だいたい5000円程度が多いようです。
若い方なんかは3000円くらいが相場ともいわれています。
個人で出す場合や、友人を集めて連盟でだす場合などで金額を設定するとよいでしょう。

また、自宅で行うお葬式においては場所の関係上迷惑がかかる場合があります。
事前に電話してお花を送りたいということを伝えるのも一つに良い方法ということができるでしょう。

お花の種類は、昔は菊が大半となっていましたが最近では白いユリやデンファレ、カーネーションなどといった花も取り入れるものも多くなってきています。
お葬式に不向きな花もありますが、お花屋さんにきちんとお葬式用ということを伝えることで、しっかりと組み合わせを合わせてくれますので、お願いしましょう。