通夜

キリスト教のお葬式

日本でのお葬式といえば、一般的には仏教の葬儀が多いためキリスト教でのお葬式はなじみがあまりなく、参列したことがある方も少ないかもしれません。
しかし、いったことがないからといって実際にキリスト教のお葬式に参列する場合に
無礼なことが許されるわけではありません。
キリスト教のお葬式でもきをつけなければいけない点も多くありますので、覚えておきましょう。

まず、キリスト教のお葬式はだいたい教会で行われます。
生前にクリスチャンでなければいけないということもなく、
望めば誰でもキリスト教のお葬式を行うことができます。
キリスト教のお葬式は主は神を礼拝することが中心となります。
キリスト教では人が亡くなると神のご支配に委ねられるということになりますので、
神を礼拝することが葬儀の全てとなります。

礼拝の内容は、賛美歌を歌い、聖書を朗読し、祈り、説教をきくという流れになります。
説教や挨拶においても、死者に向けての言葉というより、残された者への慰めや祝福といった内容になります。
礼拝後には、参列者が前に出て棺の中の遺体にお花を添えます。
仏教のお葬式でもそういった場面がありますが、違いとしてはキリスト教は遺体を拝むということをしません。
故人を偲び、お花を飾って綺麗にしてあげるという意味になります。

仏教でいう焼香はキリスト教の献花です。
花が右手側になるように受けとり、棺の前に立ち一礼します。
花を時計回りに回し、花が手前に向くようにし、左手に持ち替え花の根元を祭壇に向けて掲げ一礼します。
これが献花になります。

お花を添えてから、親族の方々への慰めの言葉の挨拶をします。
クリスチャンでない方にとっては、少々戸惑うことが多いかと思いますが宗教の違いであり、故人を偲ぶということに変わりはありませんので、その想いをもって参列しましょう。

また、仏教のお葬式でいう御香典は、キリスト教では御花料として渡すのが一般的ですので
間違えないようにしましょう。
また、数珠をもっていかないよう気をつけましょう。