通夜

知っておきたいお葬式のマナー

お葬式は突然のことも多く、急に訪れます。
常に、お葬式を想定して準備しているなんて方もそうそういらっしゃらないと思います。


その中で、お葬式に参列するにあたっていくつか気をつけなければいけないマナーがありますので覚えておくとよいでしょう。
宗教によって様々なマナーが存在し、流れも変わってきます。
日本では、仏教のお葬式が主流となっていますので仏教のマナーについてみていきましょう。


まず、はじめに服装です。
黒を基調としたスーツまたはワンピースなどがよいでしょう。
男性は白シャツに黒いネクタイですが、女性は黒いシャツまたはブラウスになりますので注意しましょう。


アクセサリーは結婚指輪と時計以外は身につけないようにしましょう。
女性が身につける場合は、一連の真珠ネックレスになります。
髪型も長い髪の方は、黒いゴムやバレッタなどでまとめましょう。
仏教の場合は、数珠ももっていきます。
故人を見送る式になりますので、決して自分が目立つ場ではないということを理解し、なるべくすべてシンプルなものにしましょう。


もう一つ、もっていかなければいけないものがあります。
それは御香典です。
故人との関係によって相場の金額があります。
多すぎても遺族の方々に迷惑となりますので、なるべく見合った額にしましょう。
御香典は受付での記帳の際に渡します。


お通夜とお葬式どちらも参列する場合にはどちらかで渡します。
はじめのお通夜で渡す方も多いようですが、お通夜はバタバタするのでお葬式で渡す
といった場合もありどちらでも良いようですが、
二回いくからといって二回にわけるということは無礼になりますので、絶対しないでください。


また、お葬式に参列するにあたり遺族の方々に挨拶する時には、もちろん悲しみや慰め、様々想いがあるかとは思いますが遺族の方々は打ち合わせやみなさんへの挨拶などとにかく忙しいかと思いますので、お葬式の場では挨拶は一言にしておきましょう。
その場では、亡くなった時の状況や症状はきかないようにしましょう。